プロフィール

プロフィール

私がこれまで何をやってきたか、今後何をやろうとしているかをライターの姫野桂さんにまとめていただきましたので、是非お読みください。

これまでのプロフィールはこちら

リニューアルした小倉城

北九州市の魅力を市内の人にも伝えたい

———2017年に北九州市の魅力を発信するローカルWebメディア『キタキュースタイル』を開設した成重敏夫さん。2019年2月までは東京に在住していましたが、現在は福岡県にUターンし、北九州市の観光地や名物などをサイト内で紹介されています。今後、『キタキュースタイル』でどのような展開を考えていらっしゃるのでしょうか?

 北九州市の魅力を全国の皆様だけでなく、北九州市内の人にも伝えていくことです。地元に住んでいながら、意外とみなさん北九州市のことを知らないんです。昔の私もそのうちの一人でした。北九州市には何もないと思って上京しましたから。これは、北九州市に限ったことではないと思うのですが、住んでいる人が一番地元の情報を知らないことが多いです。だから、市民に向けて「北九州市にはこんな魅力があるんだよ」と伝えていきたいです。

 また、今まで『キタキュースタイル』の記事の8割は私自身が書いていました。でも今後は、主にライターさんに書いていただくことに加え、プラットフォーム化して記事を提供していただくことを考えています。もっと気軽に、一般の方からも情報を提供していただけたらなと思っています。そして、北九州市関係人口のシビックプライドも高めていくことも目標の一つです。

———シビックプライドというと?

 住んでいる街に対する誇りです。今、北九州市の人口は約94万人ですが、出身地だったり何かしらの形で関わっていたりする関係人口となると、もっと多いと思います。人口が減っているとはいえ、まだまだ大都市なんです。福岡県というと、博多や天神をイメージされる方が多い印象ですが、北九州市を情報発信都市にしていきたいという目標があります。

———成重さんが考える北九州市の魅力は何ですか? やはり食ですか?

 もちろん食もそうですが、自然も豊かです。最近リニューアルした小倉城は、すごく素敵なスポットに生まれ変わりました。私自身は最近、地元のサッカーチームの「ギラヴァンツ北九州」の応援にも夢中になっています。それまでは野球派だったのですが、スタジアムが新しくなったということで観に行ってみたら、想像以上に楽しくて。地元のチームを応援できる喜びは新鮮でした。

 でも、去年、地元の大学の教授がとったアンケートによると、「綺麗なスタジアムには行きたいけどサッカーには興味がない」という回答が多かったそうです。おそらく、アンケートを取った時点でのチームが弱かったからだと思いますが、サッカー自体に興味を持ってもらいたいというより、地元のチームを応援する喜びを体験してもらいたいです。ちなみにスタジアムは、サッカーの試合以外にもイベントやコンサートなどにも使われています。

ギラヴァンツ北九州の本拠地・ミクニワールドスタジアム北九州

誤った地元の情報を発信されたことがUターンのきっかけに

———他にも、サイト内で交流できるサークルを作るなど、他の媒体にはないサービスを作る予定はありますか?

 まずは、勉強会という体裁を取って、地元の情報に興味がある人を募りたいです。情報発信をしていくためには、分かりやすい記事の書き方であったり、著作権の問題を知っておかねばならなかったりします。勉強会を開くことで、クオリティの高い情報発信につながると思っています。

———成重さん自身はどのようなスキルをお持ちなのでしょうか?

 過去、オウンドメディアの起ち上げと制作、サブスクリプションサービスに携わっており、どちらも制作責任者でした。ですので、Web周りのことに関しては大抵こなせます。また、『キタキュースタイル』の編集業務も行っています。

———成重さんの名詞の肩書は「Web編集者・ライター」「ローカルWebメディア キタキュースタイル編集長」となっています。これだけWeb周りのスキルを持ってらっしゃると「Webディレクター」でもいい気がするのですが、肩書のこだわりについて教えてください。

 今後、Webメディア運営を仕事の中心にしていきたいからです。それに、「Webディレクター」は福岡県にもたくさんいるので差別化をはかりたいと思っています。

———そもそもは、成重さんの個人ブログで『RETRIP滅びろ』という記事が話題になったことがキタキュースタイルの誕生に繋がったとうかがっています。

 そうなんです。簡単に説明すると、『RETRIP』という旅系の情報まとめサイトが、現地を取材するわけでもなく、ネットで拾ってきた情報を組み合わせて誤った情報を発信していたんです。詳しい例を上げると、一番よく見かける間違いが「九州新幹線が通ったおかげで北九州市は福岡県の第二の都市になりました」という文章です。元々北九州市は福岡市よりも人口が多い時代が長かったので、「二番目になりました」という表現が間違っていますし、北九州市の発展と九州新幹線の開通は何の関連性もありません。

 それまで特別、地元愛はなかったのですが、北九州市の誤った情報を掲載され、怒りを覚えてしまって。そしたら、WEBライターのヨッピーさんやWEB編集者の中川淳一郎さんもその問題を取り上げていただき、ちょっとしたバズが起こりました。元々地元には何もないと思って上京したのですが、地元の誤った情報を発信されると黙っていられなくなったんです。それで自分で何ができるかと考えたときに、自分で情報を発信していこう、と思いました。これがUターンの遠いきっかけにもなっています。

———上京したのはなぜですか? 成重さんの生い立ちを知りたいです。

 生まれは北九州市の小倉です。でも、地元を離れるまで北九州には何もないと思って大学進学を機に上京しました。その後、新卒で商社に勤めたのですが、せっかく東京に出てきたのに配属先が茨城や愛知など、地方で……。結局その会社は辞め、派遣会社に転職しました。しかし、そのとき母の体調が良くないと知らされ、一旦仕事を辞めて実家に戻り、家業の手伝いをしました。

 幸いなことに、母の病状はそこまで悪くはありませんでした。家業の手伝いをしていた頃、ちょうどパソコンを購入。そこで、独学でネットアイドルの顔写真入りリンク集を作ったところ、テレビや雑誌で話題になりました。それがきっかけで、深夜番組に出演したこともあります。