事業用Twitterで“未来のお客様”に興味を持ってもらうポイント

個人用のTwitterアカウントとは別に事業用Twitterアカウントを作ってはみたものの、何をツイートすればいいのかよく分からない、という事業者の方も多いのではないでしょうか。

この記事では、事業用Twitterアカウントの運用にお悩みの方にフォローされやすい事業用Twitterアカウントを作る方法を紹介いたします。

毎日同じ情報ばかりツイートしていませんか?

一番ありがちなのが、例えば飲食店の場合だと「今日のランチ情報」「当店のおすすめメニュー」ばかりツイートするアカウント。

運用は非常に楽でしょうが、果たしてそういうアカウントに興味を持ってもらえるでしょうか?
もし自分がフォローする側になった場合、「今日のランチ情報」「当店のおすすめメニュー」ばかりツイートするアカウント」をフォローしますか?

事業用のTwitterアカウントだからといって、事業以外のことをつぶやいてはいけないわけではありません。

「未来のお客様」に興味を持ってもらえるアカウントとは

では、どのようなことをつぶやけば「未来のお客様」にフォローしてもらえるのでしょう。

Twitterアカウントをフォローする理由はいくつもあると思いますが、友人・知人などでなければ多くは「お役立ち」または「共感」のどちらかに当てはまるのではないでしょうか?

「このアカウントをフォローしていればお得なことがあるかもしれない」

「このアカウントはとても親しみが持てる」

このように思ってもらうことが大切だと考えます。

「お役立ち」「共感」に当てはまるツイート例

では、「お役立ち」または「共感」に当てはまるツイートとはどのようなものでしょうか。

まず大切なのが、「つぶやく相手」をイメージすること。
全員の役に立つ、または全員に共感されるコンテンツなど存在しません。

自身の事業において、どのような人にお客様になってもらいたいかを具体的にイメージして、その方に伝えるようにツイートしましょう。

お役立ちツイート

実は、先ほど紹介した

こちらのツイートも、ある実在の経営者の方に向けて発信したものです。

その方は事業用のTwitterアカウントを持っているので(そして私はフォローされているので)、きっとお読みいただいているのではないでしょうか。

共感を生むツイート

また、共感を生むツイートについてはこちらの記事に分かりやすくまとめられています。

共感ライティングのやり方として「文章のうまさは関係ない」「少しゆるくて良い」「共通の話題を見つける」などのポイントが挙げられています。

慣れるまでは難しいと思いますが、Twitterはフォロワーのアカウントがダイレクトに分かるSNSですので、「お役立ち」または「共感」に当てはまっているか否かはとても分かりやすいと思います。

ぜひ一度試してみてください。

先週の活動内容

それでは、先週(1月4日~1月10日)の活動内容を紹介します。

まずは1月5日に引っ越し。福岡市中央区から福岡市中央区への引っ越しです。

翌6日が仕事始め。年末に制作した動画の修正を実施しました。

その晩は楽しく飲んだのですが久々に酔いつぶれ。反省。

その他、先週手がけた仕事は、相談されているWebサイト制作に関するリサーチや進行中のPR案件に関する企画の立案など。

本職はライターですが、さまざまな案件の相談を受けています。

今年は、企業様・事業者様が取り組んでいる事業発展のための情報発信をサポートしていきたいと考えています。

ご興味のある方は、専用フォームからお問い合わせください。